questionnaire

夢の実現に向けて!起業の準備はいつから始めるのがベスト?

  • 第15回
  • 2016/12/26

起業の動機は人様々ですが、夢の実現に向けて挑戦することに変わりはありません。誰もが将来への期待と不安を抱き、そして成功させたいと思いますよね。そのためにはしっかりと計画を立てたり、会社設立の手続きをすることなど準備が必要です。
では、起業に向けてその準備を皆さん、いつから始めるのでしょうか?どのくらいの期間があれば良いと考えているのでしょう?そこで、今回は起業に関心のある会社員100人に、いつから準備するか理由も含めアンケートを取ってみました。

起業するとしたら、いつから準備しますか?

起業するとしたら、いつから準備しますか?

タイムテーブルとモチベーションの維持を考えたら1年前!

最も多かったのが「1年前」の回答で、半数を超える51人となりました。

  • ・資金の準備から各種手続きまで、スムーズに会社を立ち上げたいなら、最低1年は必要だと思います。(40代/男性/会社員)
  • ・まずは何で起業すればいいかリサーチをするのに数か月はかかると見込んで。(30代/男性/会社員)
  • ・あまり長い期間準備すると断念しそうだし、短いと焦りが生じて失敗しそうなので(30代/女性/会社員)

資金の準備や会社設立の事務手続き、リサーチなどタイムテーブルを考えて、1年は必要との意見が多くありました。納得できる計画を立て、目標の自己資金を貯めるには、それなりの期間が必要と考えているようです。
また準備期間があまり長いと、会社や家庭の状況が変化し諦めざるを得なくなったり、「今のままで良いかなぁ…」と気持ちが揺らいでしまう…なんていうことを心配しているのかもしれません。逆に期間が短いと、準備不足になるのを心配する様子もうかがえました。

起業は未知の世界!充分な準備が必要!3年以上前の回答も多い!

二番目に多かったのが、35人が回答した「3年以上前」で、かなり多い結果となりました。

  • ・今まで勤めていた人間が起業するのだから、今まで知らなかったルールがとてつもなく多く存在すると思うし、それらを知るには時間が必要だと思うから。(30代/男性/会社員)
  • ・第一に資金面の問題。第二にその分野への技術、経験。さらにコネクションなどの作成の為。(30代/男性/会社員)
  • ・地道に計画し、様々なリスクに対応できるようにしてから起業するべき。(40代/男性/会社員)

サラリーマンから経営者になることは、これまでとはまったく違う見方、考え方が必要と感じているようです。また会社の設立、運営に関わるやるべきことなど、理解し準備するには数年かかると考えている様子もうかがえました。時間をかけ、資金や技術、人脈など充分準備することが起業を成功させるポイントで、それは一朝一夕ではできないのかもしれませんね。

起業への情熱は半年が限度!?意外と多い?10人が回答!

「半年前」の回答が10人で、三番目でした。

  • ・早くても遅くてもだめだと思うので、だいたい半年から1年ぐらいの準備期間があるといいと思います(30代/男性/会社員)
  • ・あまり長く準備しても、モチベーションを保つことが難しいかなと。最近女性起業が流行ってまして、SNSを拝見していたら、準備期間は半年と書かれていたので妥当なのかなと思いました。(30代/女性/会社員)
  • ・準備期間が長いと起業熱が冷めてしまいそうですし、かといって短すぎても準備不足で苦労しそうなので。(30代/男性/会社員)

準備期間が長すぎるとモチベーションが保てないのでは?という声が多かった「半年前」の回答!具体的な準備はその期間でできると考えている人が多いようです。SNSで女性起業の話題から判断した人もいました。「鉄は熱いうちに打て」との諺があるように、熱意があるうちに起業することで気持ちがまた更に前向きになるのかもしれませんね。

タイミングが大切!状況が変わる前に一気に実行!?

「3ヶ月前」と「1ヶ月前」がそれぞれ2名で四番目の回答数となりました。

  • ・時が経ちすぎるとせっかくその時は成功すると思っても、状況が変わりタイミングを逃してしまうかもしれません。短すぎても情報不足などで失敗してしまうかもしれません。(40代/男性/会社員)
  • ・早ければはやいほどいいとおもっているので、この選択であえばこれでいいです(40代/男性/会社員)

「3ヶ月前」あるいは「1ヶ月前」と回答した人では、現代は流行も技術も目まぐるしく変わる時代と感じているのか、タイミングを逃すと起業できないと考えているようです。「これで行ける」と踏んだら一気呵成に事を成すことで、流れに乗れる場合もあるのかもしれませんね。

相応の準備が必要!知識や心構え、資金調達…すべきことは多い

起業の準備期間として1年間は必要と考えている人が半数となりました。3年以上前も含めると、年単位での準備が必要と考えている人は8割以上となることが分かりました。モチベーションの維持の問題で期間の長短はありますが、“従業員から経営者の立場になる”ことは世界が一変してしまうと感じている人が多いようです。それだけ、しっかり準備することの重要性を認識している様子がうかがえました。
準備期間が月単位の回答の場合、情熱があるうちに形にすることや、タイミング重視の姿勢が見られました。
準備の期間とともに、その質が起業の成否に大きく影響するかもしれません。不安があれば専門家に助言を求めることも大切なのでしょうね。

  • ■調査地域:全国
  • ■調査対象:【職業】会社員
  • ■調査期間:2016年08月12日~2016年08月26日

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください!※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-759-550

    10:00 〜 18:00(土・日・祝祭日 定休)

  • Webからのお問い合わせ

    お問い合わせフォームへ

    24時間受付中(2営業日以内に返信いたします)

このサイトをシェアしよう!