Terms

大阪会社設立相談所の用語集

あ行

アウトソーシング

従来は組織内部で行っていた、もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、それを独立した外部組織からサービスとして購入する契約でのことです。

アセットファイナンス

アセットファイナンスには、資産流動化やアセットベースファイナンス(ABF)があります。
さらにはABFはアセットベーストレンディング(ABL)やファクタリング、手形の割引きなどがあります。
【類語】 エクイティファイナンス デットファイナンス

一括支払信託

債権者、債務者、信託会社と三社間で契約を結び、債権者は取得した債権を信託設定し、信託会社は信託受益権を債権者に付与します。
債権者は信託受益権が期日償還されることで債権を回収することになりますが、信託受益権を譲渡することで早期回収も可能となります。

インターネットバンキング

汎用パソコンからインターネット上の銀行ウェブサイトで振り込みます。
会社設立時にはファームバンキングよりも手軽なので、こちらが適しているといえます。

受取手形

約束手形は、振出人が受取人に対して、一定の金額を指定した期日に支払うことを約束する手形です。
これらの手形を受け入れた場合、全て受取手形となります。

売上高

企業会計で用いられる用語・概念で、収益の分類のひとつで、当該企業の本業によって得た収益のことです。例えば、本業の商品やサービスによる収益のことを指します。
※なお、「売上(売上高)」の概念はしばしば業種ごとに異なっています。

売掛金元帳

得意先ごとの掛け売上を記録整理する帳簿をいいます。
この元帳に基づき、得意先に対して事前に取り決めていた回収条件に従い請求を行います。

営利事業

営利を目的として経営を行っている企業のことを、一般に営利企業と呼びます。
対義】非営利事業
営利事業も行うが利益追求することを目的とせず且つ法人格を持つ企業を指します。

益金

課税対象となる会社の稼ぎなどを指しています。
詳しく言うと、法人税法上の課税所得の対象となる収入、つまり「稼ぎ」になります。
益金から損金を引くと所得になりますが、ここで益金と収益とは微妙に異なってきます。
ほぼ一致はするのですが、収入イコール益金とはならない項目が存在しており、法人税は益金をベースに考えて支払う事になっています。
この収益の中でも、益金と認められないものを「益金不算入」と言い逆を「益金算入」と言います。

エクイティファイナンス

エクイティファイナンスとは、新株を発行することで資金調達することをいいます。その方法により、株主第三者割当増資、株主割当増資、公募増資に分類されます。
【類語】 デットファイナンス アセットファイナンス

NPO法人

従来は組織内部で行っていた、もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、それを独立した外部組織からサービスとして購入する契約でのことです。
NPOの要件として、1.民間で 2.公益に資するサービスを提供する 3.営利を目的としない 4.団体 とされています。そのうち、特定非営利活動促進法(いわゆるNPO法)にもとづいて、法人格を取得した団体をNPO法人と言います。

か行

外貨預金

外貨通貨建ての預金の総称です。
会社設立時に海外を想定される場合には税理士に相談しておく事をオススメします。

外部資金

外部からの調達にはさらにデットファイナンス(負債による資金調達)、エクイティファイナンス(株式による資金調達)、アセットファイナンス(資産活用による資金用達)に分類されます。

株式会社

株式を発行して投資家から資金を調達し、その代金で事業活動を行なう会社のことを指します。

キャッシュ・マネジメント・システム

キャッシュ・マネジメント・システム(CMS)とは、子会社・関連会社等のグループ全体の資金を包括的に管理する情報システムをいいます。
グループ内の資金を集約し、効率的に管理・運用できるため銀行借り入れの圧縮や支払手数料の削減などが期待できます。

為替手形

振替手形は、振出人が第三者(支払人)に対して、手形の受取人に一定の金額を支払うことを依頼する手形です。

企業格付け

企業業績や財務内容などを分析し、企業が発行する債券の元本や利払い能力の安全度を順位付けすることです。
格付けするのは「格付機関」です。

基本帳票

金銭や物品、役務(サービス)の取引や出入りを記録した、帳簿や伝票などの定型的な書類の総称です。
出金や入金、出荷、納品などを記録として蓄積したり、相手方へ通知するために作成される書類で、出納帳、仕訳帳、入出金伝票、売上伝票、請求書、領収書、納品書など、様々な種類のものが含まれます。

キャリアアップ助成金/育成・正社員転換

金銭や物品、役務(サービス)の取引や出入りを記録した、帳簿や伝票などの定型的な書類の総称です。
出金や入金、出荷、納品などを記録として蓄積したり、相手方へ通知するために作成される書類で、出納帳、仕訳帳、入出金伝票、売上伝票、請求書、領収書、納品書など、様々な種類のものが含まれます。

許認可

許可と認可のことです。特に、行政機関が行う規制行為です。

決算書

経済活動を記録・分類・集計して、最終的に、損益計算書と貸借対照表、キャッシュフロー計算書等します。
それらを総合して決算書と呼びます。

決算申告

会社は、事業年度ごとに決算をまとめ、株主総会の承認又は、社員総会の同意を得ることとされます。この「確定した決算」に基づいて法人税の確定申告を行なうことを指します。

減価償却費

建物や機械設備など,企業が長期間にわたって利用する資産を購入した場合,その購入価額をいったん資産として計上した後,その金額を資産の耐用年数にわたって規則的に費用として配分される金額のことです。

現金主義

費用や収益をいつ計算するかのタイミングにおいて、現金ベースで考える方法です。
これは、費用や収益の認識を現金の収支という事実をベースに損益計算の方式です。
つまり現金主義会計は現金収入時において、費用を現金支出時においてそれぞれ認識する方法で、客観性の高い期間損益計算が可能です。

源泉徴収制度

会社が従業員に対して給与などを支払う場合、所得税を天引きして支払います。
そして、その天引きした分を会社が代わりに国に納付します。
この仕組みのことを源泉徴収制度といいます。

公益法人

社会公共の利益をはかることを目的とし,営利を目的としない法人をいいます。

合同会社

2006年施行の新会社法で導入される新たな会社形態で、株式会社と任意組合の特徴を併せ持ちます。
具体的には、株式会社と同様に出資者の責任は出資額までの有限でありながら、任意組合のように出資者以外でも定款で定めれば、利益や権限を配分できます。
従来の有限会社制度は廃止され、会社の形態は「株式」「合同」「合弁」「合資」の4つになります。

小切手

小切手とは、支払人が受取人に対して券面に記載された金額を支払いを約束する証券を言います。決済の手段として現金の代わりに用いられます。
上場企業など、規模の大きな取引をする場合に有効に働く手法ですが、会社設立時より大きな取引をする場合には必要な場合があるかもしれませんが、銀行からの信用などもあり、会社単位で利用出来るとは限りません。

個人所得税

個人の所得に対して課される税金のことです。
徴収方式としては確定申告で馴染み深い申告納税方式と源泉徴収方式があります。

コルレス契約

コルレス契約とは、日本の銀行と海外の銀行との間で結ぶ、為替代行業務(手形の取立依頼、送金支払委託、決済勘定など)に関する契約のことを言います。
また、相手先のことをコルレス先といいます。

さ行

証憑書類

簡単に言うと「会社間での取引を証明する書類」という定義になります。
具体的には「領収書」「請求書」「納品書」などになります。

譲渡性預金

預金者が金融市場で自由に譲渡することができる、無記名の定期預金証書が発行される預金です。
短期資金調達手段となっています。

送金為替手形

銀行経由で送金の手段として銀行が振り込みに対して交付する為替手形。

送金小切手

銀行経由の送金手段として銀行が交付する小切手。

た行

手形

手形とは、会社間の取引で当座を持つ会社が用いる事の出来る証書の事を指します。
記載された金額を指定期日に指定された場所で払うことを約束した証書ので、決済の手段として用いられます。

通貨代用証券

通貨代用証券とは、金融機関等でいつでも換金でき、また支払手段として他人に譲り渡すことができるものを言います。会計上は、現金と同様に扱います。例:他人振り出しの小切手、送金小切手、送金為替手形、預金小切手、郵便為替証書、郵便振替貯金払出証書、配当金領収書、期限が渡来した公社債の利札などがあります。

通知預金

7日間以上の据置期間が定められた預金で、払い戻す為には、2日前に通知する必要があります。
会社の為に用意された金利の高い口座ですが、金利にも税金がかかり、デメリットが強くなります。
少なくとも会社設立時にオススメされても断る方が懸命です。
【類語】 普通預金 当座預金 定期預金

定期積金

一定期間、一定金額を預け、満期日に給付金を受け取る預金です。
実質的には定期預金とほぼ同義です。
現状、会社設立時でのメリットはありません。

定期預金

満期日を設定し、満期日まで払戻しをしない条件で一定の金額を預け入れる預金で、普通預金よりも高い利率が設定されます。
しかし、会社で融資を受ける場合などに設定される定期預金はメリットがほとんどありません。
普通預金や当座預金においておく方が会社としてのメリットは大きくあります。
【類語】 普通預金 通知預金 定期預金

デットファイナンス

デットファイナンスは、借入金と社債に分類されます。借入金には証書借入、手形借入れ、当座繰越し、シンジゲートローン、コミットメントラインなどがあります。
社債には普通社債と新株予約権社債、コマーシャルぺーパー(CP)などがあります。
【類語】 エクイティファイナンス アセットファイナンス

当座預金

事業者・法人等が手形・小切手の支払いをするに開設する口座で、会社設立時にはあまり作られる会社は少ないです。
利息はつかず、通帳も発行されない事が特徴です。
【類語】 普通預金 通知預金 定期預金

な行

内部資金

内部資金とは、獲得した利益を源泉とした内部保留と、キャッシュアウトを伴わない減価償却および引当金によって留保される資金です。
【類語】 外部資金

納税準備預金

会社が納税に充てるための資金を預入れる預金です。
納税の為の引き出しであれば、利息は非課税になります。
会社設立時に設定しておく事で、安定的に納税資金を貯めておく事が可能です。

は行

配当金領収書

株式の利益配当として交付される領収書。

発生主義

費用や収益をいつ計算するかのタイミングにおいて、モノと現金がずれている事です。
つまり、何かを納品したとして、請求書を送ったタイミングで売り上げとなり、逆に仕入れたタイミングで支払っていなくても経費として計上する事を指します。
発生主義は合理的な期間業績を反映させる損益計算の方式です。
このため発生主義会計の場合、正しい期間業績の把握が可能です。
【類語】 現金主義

ファームバンキング

会社などに置かれている専用端末から通信回線を使用して銀行のホストコンピュータへ接続し、振込みを行います。
古い会社などでは採用されている所が多くあり、セキュリティが高く設定されています。

ファクタリング

ファクタリングは、売掛金を買い取り、債権を回収を代行する金融サービスで手形決済に代わる債権債務の決済手段である。

普通預金

会社や個人が現金の出し入れが自由で利息がつく預金の事です。
通帳、キャッシュカードにより、引出しや預け入れが出来ます。
【類語】 当座預金 通知預金 定期預金

不渡手形

不渡手形とは、支払期間内に呈示したにもかかわらず、銀行から支払いが拒否された手形をいう。

ま行

や行

預金小切手

銀行が現金の代用として交付する小切手。自己小切手ともいいます。
【類語】 送金小切手

郵便為替証書

郵便為替による送金の際に発行される証書。

郵便振替貯金払出証書

郵便振替えによる送金の際に発行される証書。

与信管理

与信とは、売掛金や貸付け等、商取引の相手先(主に会社)に対して信用を与える取引のことをいいます。
取引にあたっては、売掛金等の回収不可能を防ぐため、与信の可否判断や与信限度額の設定等の与信管理を行うのが一般的です。

ら行

わ行

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください!※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください。

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-759-550

    10:00 〜 18:00(土・日・祝祭日 定休)

  • Webからのお問い合わせ

    お問い合わせフォームへ

    24時間受付中(2営業日以内に返信いたします)

このサイトをシェアしよう!